こんにちは。

夫婦リフォームカウンセラー明希みさです。

 

もしあなたが夫の問題行動で悩んでいるなら、
その原因は愛着障害かもしれません。

 

なぜなら問題行動は
子どもの頃の愛着と
大きく関わっているからです。

 

よく大人の中で3人に1人が
愛着障害だと言われますが、
これはかなり高い確率ですね。

 

 

大人の愛着障害は大きく分けると3つあります。

*パートナーや恋人に寄りかかる、人依存タイプ。

*ゲームなどに没頭する、行為、物依存タイプ。

*パートナーに話ができない心を閉ざすタイプ。

などです。

 

夫とそしてあなた自身も
3つのうちどれかに当てはまるなら
もしかしてあなたも愛着障害かもしれません。

下の項目もチェックしてみてください。

 

* 厳しい親で、今も確執がある。

* 自信がなくネガティブになりやすい。

* 何らかの依存症や○○依存のような行動をする。

* 自分を特別な人間と思い高く見せようとする。

* 人を信用できず警戒心が異常に強い。

* 傷つきやすく、ストレスに弱い。

* 小さい子供を嫌う、子供が苦手。

 

何か当てはまるものがあるなら
愛着障害を疑ってみてくださいね。

 

 

 

さて子どもの愛着障害とは、
乳幼児期にネグレクトや虐待を受けて、
安心感のない中で育った子にみられる
発達障害と似た症状です。

 

たとえば、

よく友達とケンカして物を投げつけたり・・

よく寝転んで手足をバタバタさせて大泣きしたり・・

ちょっとしたことで傷つき落ち込んでスネたり・・

相手の目を見て話ができなかったり・・

人の物を盗って悪気がなかったり・・

などですが・・

 

なぜそんな行動をするかと言えば
戦争地帯にいるような心理状態だからです。

 

子どもは嫌なことがあったり怖くなると
逃げ込むのが親の懐である安全基地です。

ですが親が守ってくれる存在じゃない場合
安心できないので自分で身を守るための行動なのです。

 

ネグレクトや虐待というような、
いかにもといったものもあれば、

保育園に長期間預けっぱなしや
躾の厳しさだったりでも
愛着障害の症状がでる場合もあるそうです。

 

 

愛着は心の成長でいえば
木の根を張るようなものです。

 

子どもに愛着障害の症状が出た時に
親が子どもに対する対応を変え正しく愛すると
そこから心の根が張り成長していきます。

 

なのに親は子どもの心理に気がつかずに
子どもが嫌になって見放したり、
もっと厳しくしたりと、
今までと変わらない態度をより強くしたりして

愛着障害を克服せず成長しないまま大人になり
結婚して問題が大きく出ることが多いです。

 

大人になっても
守られてない不安感に耐えられなくて、
DVや浮気や○○依存などに逃げることで
苦しみから一時的な開放感を得ようとします。

 

しかも不安は自分の心の中にあるとは気づかず
戦争は自分の周辺でやってると思っているので
何かに依存して自分を守ろうとするのです。

 

 

子どもの頃、

欲求不満のやんちゃ坊主だった。

親に力ずくで無理やり従わされた。

両親の激しい喧嘩を見ていた。

など、

 

もしかしたら愛着障害かも?

と、お思いになられたら

絶対的な味方になってくれる人を見つけましょう。

 

それはあなた自身があなたの味方になることでも良いのです。

あなたが自分で身を守ろうとしなくても
安心できる居場所を作りましょう。

 

 

そして夫が愛着障害だとすれば、
私は夫の絶対的な味方だと伝えましょう。

 

妻が寄り添い続けてくれる、
その安心感が夫の心の根っこを育てます。

 

ここまで読み進めてくださったあなたなら
きっと夫を生みかえる力のある方なんだと
私は信じます。

 

 

最後になりましたが
愛着障害を克服するためには

* インナーチャイルドを癒す。

* 後輩などに対して親のようになって尽くす。

* 実の親に尽くす。

などいろんな克服の方法がありますが、
まず本人が自覚しない限り進めません。

 

どうすれば夫の愛着障害を自覚して、
改善しようとしてもらえるか、
私とご一緒に考えてみませんか?
 

本当のご主人を知りましょう!!
↓↓↓
無料占いサイト

あなたらしい妻になって幸せをゲット!!
10日間の無料メール講座
「夫婦修復の方程式」購読はこちらをクリック。
↓↓↓
無料メール講座のお申し込み

あなたらしさって何?
あなたが生まれ持った星を読み解きます。
↓↓↓
初回セッションのお問合せはこちらをクリック

 

夫婦再構築 ブログランキングへ 
応援クリックが励みになります。