こんにちは。明希みさです。

 

さて愛着障害、
大人の3人に1人があてはまるのだそうですね。

 

もしかして、あなたのご主人の問題行動の原因は、
愛着障害ではないですか?

 

 

愛着障害とは、心の安全基地
(自分を守ってくれる人がいると信じられる安心感)
が無いので、他人とのコミュニケーションが、
上手く取れずに生活に支障が出ることを言います。

 

 

守られてない不安感に耐えられないから、
DVや浮気や○○依存などに逃げることで
苦しみから一時的な開放感を得ようとします。

 

 

自分を守ってくれる誰かがいる環境のもとで安心して
芽を出し花を咲かせるように心が成長できるのに、
「いつ周りの人が裏切るか分からない」と
安心できない環境で芽を出すこともできないのです。

 

 

心の成長において愛着とは、
草木に根っこをはらせるようなものなのです。

 

 

愛着障害は根のない草木が雨風にさらされて踏ん張るけど
立ち位置が不安定で根っこが抜けそうなので
「誰か助けて!」と叫んでるような状態なのです。
(ご本人は気づいていませんが)

 

 

例えば、

乳幼児の頃、欲求不満のやんちゃ坊主だった。

親に力ずくで無理やり従わされた。

 

もう一つは
子どもの頃、両親の喧嘩を見ていた。
子どもにとって日常的にお父さんとお母さんが
罵倒し合って喧嘩しているほど恐ろしいものはありません。

これらの環境の中で自分を押し殺し生きてきた子どもは、
自分の気持ちを自由に表現することができなくなり、
愛されている安心感も持てずに心に根っこがはれません。

 

 

 

子どもの場合、3つのタイプに分かれます。

*必要以上な、マイナス思考や恐れ、孤独感。

*必要以上に、他人に馴れ馴れしい。

*急に怒り出したり、反抗的態度。

 

 

そのまま愛着障害を克服しないで大人になると
結婚生活でも上手くいかない場合が多いです。

 

 

大人の愛着障害には、

*パートナーに寄りかかり依存してしまうタイプ。

*ゲームなどに依存し没頭して心を閉ざすタイプ。

*パートナーに本音が言えず話しができないタイプ。

 

 

もしあなたのご主人が
この3つのどれかかもしれないと思ったら
こんなことに当てはまりませんか?

 

*親との確執がある。

*自信がなくネガティブになりやすい。

*依存症や○○依存のような問題行動をする。

*自分を高く見せようとし、特別な人間と思っている。

*人を信用できず警戒心が異常に強い。

*傷つきやすく、ストレスに弱い。

*小さい子供を嫌う、子供が苦手。

 

 

 

 

愛着障害克服のためには

* インナーチャイルドのワーク。

* 後輩などに対して親のようになって尽くす。

* 実の親に尽くす。

などいろんな克服の方法がありますが、
まず本人が自覚しないとはじまりません。

 

 

一番大切なのは、
パートナーのあなたが変わらぬ心で寄り添うことです。

妻が・・見捨てずに寄り添い続けてくれる・・・。
その安心感が夫の心の根っこを育てます。

 

 
あなたが癒される妻になれる!!
10日間の無料メール講座「夫婦修復の方程式」
購読はこちらをクリックしてくださいね。
↓↓↓
無料メール講座のお申し込み

初回体験セッションのお申し込み

無料占いサイト

アメブロはこちら

夫婦再構築 ブログランキングへ 

応援していただくと励みになりますm(__)m