9WjATx_rw2HT8py1472378346_1472378410

他人にたよられるタイプの夫。

なのに妻には赤ちゃんのように甘えてきたり・・・

外ずらがいいのに家の中では当り散らしたり・・

どちらが本当の夫なのか戸惑ってしまいますよね。

 

そんな夫、じつは自分の欲求に気づいていない。

というケースが多いことをご存知ですか?

 

この記事は後編ですのでこちらもご覧ください。
http://ameblo.jp/akaruikatei160/entry-12191187019.html

 

夫が自分のほんとうの欲求を知らずに、

「俺はもっと高い次元の欲求をもとめている」

と、勘違いしておとなのつもりになっていると、

夫の欲求は置きざりになって満たされないのです。

 

いつまでも、同じあやまちを繰り返し、

いちばん身近な妻がとばっちりを受けるのです。

 

もしあなたが夫を理解出来ないなら、

ご主人の20才までの生い立ちの中に

満たされないままのものがないか探してみましょう。

 

5,6才くらいまで愛情あふれる食事をしてましたか?

10才くらいまで、親に守られていましたか?

親を怖いと思っていませんでしたか?

思春期のころ、気の合う仲間がいましたか?

先生との関係は良かったですか?

 

そのころの欲求が満たされていないから

アルコール、ギャンブルや買い物などに執着したり、

モラハラ、DV、浮気などの人依存になってませんか?

 

5,6才のころの欲求が満たされてつぎの段階に・・

10才のころの欲求が満たされてつぎにいきます。

 

満たされないままでは次の段階に行ったつもりでも

自分のほんとうの欲求ではないので、

ざるに水を注いでもダダ漏れしてるようなもので

いつまでたっても満たされません。

 

自分の欲求の段階はどこなのか、

本人がはっきり自覚すると自然に満たされていきます。

 

あなたのご主人はどの段階の欲求ですか?

一度じっくりと観察してみてくださいね。

初回体験セッションのお申し込み

 

● 無料メール講座のお申し込み ●

 

●アメブロはこちら●

 


夫婦再構築 ブログランキングへ 

応援していただくと励みになりますm(__)m