こんにちは 明希みさです。

 

最近カウンセラーのブログやメルマガを読むと

よく言われてるのが、

「くつが欲しくて洋服屋に行きますか?
 あなたの悩みに特化したカウンセラーを選びましょう。」
という文字が目につきます。

 

その通りかなぁ~とも思いますが、
人の心はそんな簡単なものではありません。

 

特に夫婦カウンセラーとなると子どもの心理も分かって、
はじめてクライアント様を幸せへの世界へと導けるのです。

 

例えば、あなたが登山のためにと靴屋に行き、
登る山によって、この店のスニーカーで良いのか、
スポーツ用品店に行くべきか、登山の専門店なのか、
しっかりアドバイスをしてもらうと助かりますよね。

 

医師の場合。自分の専門分野で診れない患者さんを、
的確にセカンドオピニオンにつないでくれてたら、
病気が長引かなくて済んだのに・・
というケースもよくありますよね。

 

夫婦カウンセリングで修復を目的としたときに、
子どもがいる場合には、ご夫婦だけにフォーカスしても
解決しないという事がとても多いのです。

 

あなたとご主人の血を分けた子どもなのですから・・
子どもはあなたとご主人の分身です。
子はカスガイって言いますものね

 

子どもをめぐっての夫婦ゲンカから離婚に発展したり、
子どもに愛情を注いでいる姿をみて安心して修復したり、
というケースがよくあるのです。

 

コースカウンセリングを開始されたクライアント様のメールを、
ご本人の許可をいただき掲載させていただきます。

 

~~~
~~~
子供が学校でお友達に
~中略~
左目にパンチを一発したそうです。
運よく、けがにはならなかったそうです。
しばらくしてから自分で悪いと反省し
あやまりに行ったそうなんですが、
子供にどう関わったらいいのでしょうか?
なぐった気持ちを聞いても、
絶対してはいけないと伝えても
「うるせー!死ね!」と言い、
聞く耳をもちません。
いつもこういう時に私が何故か怖くなって
主人にメール攻撃をしてしまいます。
~以下省略~

 

~~~
~~~
許可をありがとうございます。

 

こういう子どもの行動を注目行動といいまして、
「好きな子にいじわるして気を引こうとする子。」
みたいなもので、お母さんに振り向いて欲しいので、
まず、お子様の対応が先決なのです。

 

となると夫婦問題に特化したカウンセラーでは、
お手上げ状態ですから、
子育てに精通しているカウンセラーにシフトして・・
と、病院をたらい回しされる患者さんみたいですね。
ここで子どもの心理について書きたいところですが、
あえて夫の心理についてお話ししますね。

 

よくいらっしゃるご主人ですが、
「家族に少しでも良い生活をさせたい」と
一生懸命に稼ぐことが愛情だと思っていると、
「お金をあげる事」以外の愛し方を知らないのです。

 

子どもの問題で相談をしても、
「それはお前の役目だろ!お前が何とかしてくれ!」と、
取り合ってくれないのは、「稼ぐ事が家族を守ること」で、
夫婦は分業体制と思い込んでいるのです。

 

夫が「子育ては俺の役割じゃない」と思っていると、
子どもの事を一緒に考えて欲しいという妻の気持ちが、
異次元の話しみたいに、まったく理解不能なのです。

 

妻は夫婦は協力体制と思って助けを求めても、

 

夫は応えてくれず、子育てをどうして良いか分からず

 

孤独になって夫に分かってもらおうと必死になると・・

 

夫は苦しくなって現実から逃げたくなって・・

 

浮気に走ってしまったり・・

 

「俺はやるだけの事はやってるのに!もう離婚だ!」

 

などと大問題になってしまうのです。
子どもの事で悩むママは無意識に、夫に対して
「あなたの子どもに苦しめられてるのよ!」
「あなたは私のつらさを分かってるの!」
「父親失格でしょ!」
というメッセージを乗せて伝えてたりするので・・

 

父親になれと求められても、心が育ってない夫は、
苦しい空気に耐えられなくなるのですよね。

 

父親の心が育ってない夫には、
むりやり親になってとは言わないで
すこし野放しにしましょうね。
妻と子どもが笑顔で迎えてくれて、
癒されるわが家には、
放し飼いの羊のように帰ってきます。

 

あなたが癒される妻になれる!!
10日間の無料メール講座「夫婦修復の方程式」
購読はこちらをクリックしてくださいね。
↓↓↓
無料メール講座のお申し込み

初回体験セッションのお申し込み

無料占いサイト

アメブロはこちら

夫婦再構築 ブログランキングへ 

応援していただくと励みになりますm(__)m